年齢と共に増える「老化による白髪」と適切な白髪染め

1a1801a083877a4a399f2913310612f5_s

「白髪」というのは、年とともに増えてくるものです。若いころは黒かった髪の毛であったとしても、老化によって白髪が気になり始める人は多いです。

それでは、なぜ白髪が生えてくるようになるのでしょうか。また、どのような対策を行えばいいのでしょうか。これらを踏まえて、白髪のメカニズムについて確認していきます。

年齢が増して老化現象が起こると白髪が増える理由

そもそも、白髪はなぜできるのでしょうか。これは、髪の毛のメラノサイトの働きが失われたり、低下したりすることによって起こると言われています。メラノサイトというのは、「色素細胞」のことを指します。メラノサイトが黒色の色素を作ると考えてください。

例えば、日焼けによって肌が黒くなるのはメラノサイトの働きによるものです。これと同じようにメラノサイトが髪の毛を黒くさせるのです。そのため、メラノサイトが十分に働けなくなると、白髪ができると考えられているのです。

しかしながら、このようなメカニズムはわかっていても、「なぜメラノサイトがこのような過程をたどるのか」などについてはまだ研究途上であり、はっきりとした理由はわかっていません。いろいろな仮説は立てられているものの、それらはあくまで「仮説」の段階であり、はっきりとは判明していないのです。

髪は抜けばいいのか、それとも抜いたらいけないのか

白髪を初めて発見したとき、多くの人が衝撃をうけるでしょう。それまで気にしなかったとしても、あるときから年齢が増すにつれて白髪が目立ってくることを気にし始めるのです。こうした白髪を抜いてしまいたいと考える人もいるかもしれません。

白髪は、抜いてしまえば確かになくなります。また、抜くことで、白髪の周囲の髪の毛が影響を受けることもありません。

そのため、20代前半~20代後半のような比較的若い世代の人で、1本だけ白髪ができたという場合は抜いてしまっても差しつかえはあまりないでしょう。

しかしながら、白髪を抜いてもそこから新しく生えてくる髪の毛は、前の髪の毛と同じく白髪になります。そのため、白髪を抜いたとしても根本的な解決策とはなり得ないわけです。こうした理由から、細胞へダメージを与えるだけであるため、白髪を抜くのはやめておいた方がよいです。

白髪対策はどのように行えばいいのか

白髪対策として、「抜く」という方法があまりよくないことはすでにお話した通りです。では、どのように対応していけばよいのでしょうか。

まだ白髪の本数が極めて少ないという場合であれば、「切る」という方法でアプローチすることも可能です。しかしながら、かなり白髪の割合が多くなってきたのであれば、このような対策は現実的ではありません。

そのときに使われるのが、ヘアカラーや白髪染めです。それでは、ヘアカラーと白髪染めを比べたとき、どちらがいいのでしょうか。

ヘアカラーも白髪染めも、同じように「酸化染料と過酸化水素水を使って髪の毛に色をつける」と言われています。

ただ、ヘアカラーの場合は明るい仕上がりにはなるものの、場合によっては白髪がきれいに染まり切らない可能性があります。白髪染めの場合は、「白髪を染めること」に焦点を当てているため、白髪がきれいに染まるようになります。

ただしこれも一つの見解にすぎず、「両方とも大きな違いはない」としている専門家もいます。そのため、どちらかというと、「自分に合った方法を選ぶ」ことの方が重要になるでしょう。

現在は市販品の白髪染めやヘアカラーがたくさん出ています。若いときから自宅で洗髪していたという人の場合、これらを使ってもよいでしょう。白髪染めやヘアカラーを自ら行うときの要領がわかっていれば、低コストで白髪を隠すことができます。

ただ、「今まで白髪染めもヘアカラーも使用したことがない」という人の場合は、最初の一回は美容院にいった方がよいでしょう。そのときに、白髪染めにすべきかヘアカラーにすべきか、またはどれくらいの色が自分に似合うのかなどを聞いてください。

相手はプロなので、あなたに最適なプランを提案してくれるはずです。そこから、自分に合う白髪染めやヘアカラーを見つけ出し、老化によって増える白髪への対策を行うようにしてください。