若ハゲの原因:遺伝やデブ・肥満は薄毛・脱毛に関係するのか?

915420c727d44c8bf83a48f8824d46d5_s

薄毛や脱毛では、遺伝が関係していると一般的にいわれています。そのため、「父親がハゲているから自分もハゲるのだ」と考えている人も多いでしょう。特に年齢の低いうちから頭が薄くなる若ハゲは本人にとって深刻な問題です。

また、「デブにはハゲが多い」「太っているとハゲになりやすい」と考える人もいます。率直に言って、肥満は薄毛の原因になります。そこで、ここでは遺伝やデブ(肥満)と薄毛・脱門の関係について確認していきます。

ハゲの遺伝子の80パーセントは母方から遺伝する

薄毛と遺伝には密接な関係があります。このため、「遺伝は関係ない、自分自身のライフスタイルの見直しによってハゲは完全に予防できる」とは言えないのが現実です。

男性の場合、「ハゲになりやすいか、なりにくいか」の遺伝子のうち、80パーセントが母方から受け継がれます。そのため父親がハゲていたとしても、息子が必ず薄毛や脱毛に悩まされるようになるかというとそうではありません。見るべきは、むしろ母方の親族です。

このとき、「母親は髪の毛がふさふさだ」という場合でも油断してはいけません。そもそも女性は男性に比べて薄毛になりにくいため、たとえ薄毛の遺伝子を受け継いでいたとしても、それが表に出る可能性は男性に比べて低いからです。

遺伝するものはそもそも何か?

ただ、「薄毛の遺伝子が遺伝する」といっても、そのメカニズムを説明するためには、もう少し補足が必要です。遺伝による薄毛の場合、キーワードとなるのは「アンドロゲンレセプター」という単語です。

アンドロゲンレセプターというのは、ジヒデロテストステロン(DHT)を感知し、受け取るスイッチのようなものです。薄毛の原因は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンであり、この物質が作用することで脱毛が進行するようになるのです。

要は、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンと、アンドロゲンレセプターが結合すると髪の毛が抜け落ちやすくなると考えてください。

そして、このアンドロゲンレセプターが、「どれほどの強さでジヒデロテストステロンを受け取るか?」ということについては、個人差があります。遺伝によって受け継がれるのはこの部分です。遺伝子によって、「ジヒデロテストステロンを受け取る感知能力の高さ」が受け継がれることになるのです。

遺伝子の中には、アンドロゲンレセプターそのものを増加させるものが存在します。このような遺伝子をもっている場合、「脱毛を促進させる成分(ジヒデロテストステロン)を受け取りやすい能力を高める」ということになります。

なお、男性ホルモンとしてはテストステロンが有名ですが、テストステロンは薄毛にとって重要ではないとされています。それよりも、テストステロンに比べて男性ホルモン作用が強力なジヒドロテストステロン(DHT)が薄毛の原因になるのです。

そして、ジヒドロテストステロンはテストステロンを原料に生成されます。このとき、遺伝によってハゲやすい人は「テストステロン → ジヒドロテストステロン」の変換が起こりやすくなっています。

このように、薄毛そのものが遺伝するのではなく、「薄毛になりやすい」という性質が受け継がれることになります。そのため、家族がハゲていたからといって、必ずしもハゲるわけではありません。若ハゲで悩んでいたとしても、それは必ずしも遺伝だけが原因ではないないのです。

肥満と薄毛の関係

確かに薄毛になりやすい遺伝子を受け継ぐことは不幸なことですが、生活習慣を見直すことにより、薄毛のリスクを減らすことができます。

薄毛になりやすい状態というのは、その原因がいくつか存在します。そのうちの一つが「肥満」です。太ることによるリスクは、髪の毛にも影響するのです。

太っていると、血圧が上がりやすくなります。肥満は高血圧のリスクのうちの一つですが、これは同時に、頭皮の血流を悪化させることで髪の毛にも悪い影響を及ぼします。高血圧になることによって、薄毛になる可能性は増えます。実際、降血圧剤(血圧を下げる薬)を使うことによって薄毛も改善できると考えられています。

また、肥満の状態というのは、正しい睡眠を確保できなかったり、不規則な生活であったり、バランスの欠いた食生活の結果であったりもします。これらはすべて薄毛の危険因子となるものであり、改めるべきことです。

さらに、肥満は薄毛だけでなく健康にも悪影響を与えます。もちろん極端なやせ形よりはマシなのですが、あまりにも太りすぎると命の危険さえもあります。デブの状態というのも、薄毛に直結するリスクになるのです。

このように、若ハゲを含めて薄毛や脱毛の原因は遺伝や肥満にあります。遺伝の場合、母親の家系に注意する必要があり、その場合であっても必ずハゲるわけではないので日々の生活を改めるようにしましょう。また、肥満を防止して痩せる努力をするだけで、髪の毛に良い影響を与えるはずです。