薬用シャンプーに切り替えるタイミングと現状維持

4f2a241637753bc7da732107cdf56d1b_s

薄毛が気になり始めた人の多くは、「薬用シャンプー」と呼ばれるものを使おうとするのではないでしょうか。薬用シャンプーには、普通のシャンプーとは異なる成分が含まれています。。

そこで今回は、この「薬用シャンプー」の正しい理解と、薄毛や脱毛対策として使い始めるタイミングなどについてお話していきます。

シャンプーで髪の毛が生えることは原則ない

薬用シャンプーと呼ばれるものは、いわゆる「医薬部外品」に分類されるものです。「育毛シャンプー」として取り上げられるものの多くは、医薬部外品の薬用シャンプーであるか、もしくはそれにも達していない「化粧品」に分類されるものです。

薬用シャンプーに分類されるものは、「育毛」を謳うことはできません。「育毛シャンプー」というカテゴリーは本来存在せず、薬事法違反となります。

当然、その効果を見込むこともできないため、「育毛シャンプー」とインターネット上で呼ばれるものであったとしても、髪の毛が生えてくることはないのです。そのためここでは、「薬用シャンプー」という名称でお話していきます。

薬用シャンプーの効能と使い始めるタイミング

薬用シャンプーは髪の毛が生えてくるわけではなく、頭皮の環境をよくしたり、フケやかゆみなどを軽減したりすることを目的として使うのが正しい使い方です。

そのため、薄毛を悪化させるリスクのある「頭皮状況の悪化」を防ぐために、予防段階で使い始めることが適切です。完全に髪の毛がなくなった状態で薬用シャンプーを使ったとしても、髪の毛が生えてくることはありません。そのため、育毛剤のサポート役としての使い方が現実的です。

ここまでを理解すれば、薬用シャンプーの使用によって「これ以上の悪化を防ぐこと」「現状維持」に対する効力の発揮を期待することができます。

薬用シャンプーのメリットについて

薬用シャンプーなどできれいに洗髪するということは、頭皮の余計な汚れなどを洗い流すことにつながります。これによって、髪の毛や頭皮に「塗る」タイプの育毛剤が浸透しやすくなる可能性を、多くの専門家が指摘しています。これこそが、上であげた「育毛剤のサポート役」である理由になっています。

確かに薬用シャンプーには、育毛効果自体は見込めません。ただし、育毛剤の浸透を手助けしたり、傷つきやすい頭皮を優しく洗い上げたりできます。また、かゆみやフケ、炎症などを予防する効果があります。

「髪の毛を美しくすること」を目的として作られた一般的なシャンプーに比べると、薬用シャンプーでは刺激が少なく作られているものも多く、この点は大きなメリットであるといえるでしょう。

薬用シャンプーの安全性について

薬用シャンプーはフケやかゆみを抑えることも一つの目的であるため、殺菌成分が含まれていることがあります。このときの殺菌成分は、しばしば「体に悪いものなのではないか」「環境に悪影響を与えるものなのではないか」という指摘がなされます。

しかしながら、日本においては、これらの「危険性」はそれほど問題にはされていません。薬用シャンプーに限らず、ほとんどの洗髪アイテムというのは、「洗い流すこと」を基本としています。肌に残留し続けるわけではありません。

また、正しい使い方をしているのであれば、重篤な副作用を起こす可能性はほとんどないと言われています。このため、これらのことを理由として薬用シャンプーを避ける必要はないでしょう。

ただし、薬用シャンプーだけではありませんが、シャンプーが肌に残った状態というのは、頭皮にとって大きなマイナスになります。このため、きちんと洗い流すことは重要です。

「現状維持に努めたい」「薄毛の進行を食い止めたい」「育毛剤のききをよくしたい」と考えている人は、薬用シャンプーを導入してみてはいかがでしょうか。