ダイエットには硬水のミネラルウォーターがお勧め

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

ダイエットは、若い方からご高齢の方まで幅広い年齢層の人が行っています。しかし、ダイエットを行っている大半の人が失敗しているのというのが現状です。そのようなこともあり、高額のダイエット商品や、ダイエットプログラムなどが流行っています。また、そのような高額商品やプログラムを利用しても、多くの人がリバウンドしてしまいます。

そこで、もし普段飲んでいる水に気をつけるだけで、痩せることができるとしたら良いと思わないでしょうか。今回は、水を使ったダイエット方法について解説します。

空腹感を抑えてくれる水

ダイエットの一番の敵は空腹感にあるといえます。空腹感や食欲は、血液中のブドウ糖の濃度が低下することによって、脳の摂食中枢が刺激されるために生じるとされています。つまり、「糖分が足りない」という脳への指令によって食欲が起きるということです。

また、食物が体内に入ると、胃では胃酸が分泌され、胃の中の酸性度は一気に上昇します。これは、胃に入った食べ物を消化、吸収するために起こる反応です。

満腹になって食べ物を消化する必要がなくなると、酸性度は一気に低下します。そして、酸性度が低下すると、その反応は満腹感として脳へ伝えられます。

実は水を飲むことによって、これと同じような状態を作ることができます。水が胃に入ると、水によって酸性度が低下します。この反応が脳に満腹感として伝えられるということです。それに加えて、水を飲むことは代謝の亢進にもつながりますので、一石二鳥ということになります。

このことは、ドイツの科学者によって証明されています。その研究は、「水を0.5リットル飲んだときに代謝がどのように変化するか」を観察したというものです。結果は、性別を問わずに、飲水後は消費カロリーが30パーセント高まり、その効果は10~40分後にピークに達するというものでした。このように、水は空腹感を抑えるだけでなく、消費カロリーも増やす役割があるのです。

ダイエットには硬水がお勧め

ダイエットの効果をさらに高めるためには、硬度が1000mg/L以上の超硬水が最適とされています。硬水とは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を多く含む水を指します。

そして、ダイエットのためには、代謝を高め、内臓の働きを活発にすることが大切です。実はカルシウムには内臓を活性化させる働きがあるのです。カルシウムは腸の運動を活発にし、腸内に残っている脂肪を含むさまざまな物質を排出します。また、脂肪燃焼を促進し、脂肪吸収を抑制する効果もあるとされています。

カルシウムといえば牛乳や小魚を思い浮かべる人が多いと思います。しかし、これらのカルシウム摂取率は意外なほど低いです。その吸収率は、牛乳で約40パーセント、小魚で約30パーセントとされています。

それに対して、ミネラルウォーターに含まれるカルシウムはイオン化されているため、ほぼ100パーセント体内に吸収されます。そのため、カルシウム摂取に適しているものといえます。さらに、カルシウムには神経を落ち着かせる作用があるため、ダイエット中に起こりがちなイライラ感を沈静させる効果もあります。

また、ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムもダイエットに関係します。マグネシウムは便に水分を含ませる作用があります。これは、便を軟らかくする効果につながります。そのため、便秘の解消になるのです。

これは実際の治療でも使われており、便秘改善のための薬にはマグネシウムが含まれています。

さらに、ダイエット中は食事制限をしているため、体がミネラル不足になっていることが多いです。実は、このミネラル不足も空腹感を引き起こしている一要因なのです。つまり、ミネラルウォーターは「水」と「ミネラル」の二つ面で空腹感を抑制する効果があるということです。

以上のように、ミネラルウォーターは多くの点でダイエットの強い味方になります。ダイエットをしても体重が一向に減らない人、痩せてもすぐリバウンドしてしまう人は、水の飲み方から見直してみると、ダイエットの成功につながるはずです。