海外の水事情と下痢:海外旅行でおなかを壊さないために

7adddeaf0c92ad5f81ad5c407a7eb416_s

最近は海外旅行に行く人が増えていますが、外国旅行は楽しみと同時に、異国へ行くということから多くの不安があると思います。例えば、「言葉は通じるだろうか」「盗難に遭わないだろうか」とさまざまな心配が頭に浮かんでくるのではないでしょうか。

そのような心配事の一つに「その国の水は安全か」ということが挙げられるかと思います。日本は世界で最も水道水がきれいであるとされており、いくら都会でも、臭いはあるものの水道水を飲んでお腹を壊す人はあまりいません。

しかし海外では、「現地の水を飲んだことによって下痢になった」などの話を山ほど聞きます。このように海外の水事情は日本と大きく異なり、ほとんどの国で水道水を飲むことはしません。それを知らずに海外で水道水を飲むと、大変なことになります。今回は、外国で水を飲むときに注意すべき点について解説します。

海外の水には雑菌がいる?

海外の水道水は消毒が不十分で、雑菌がたくさん入っていることがあります。ただ、現地の人はその雑菌に対して免疫ができているため、飲んでも問題ない場合もありますが、免疫がない外国人が飲むと大変なことになります。もちろん、コレラ菌のような毒性の強い細菌が入っていると、現地の人でも発病してしまうことはいうまでもありません。

逆にヨーロッパでは、水質があまりに良いため、塩素消毒をしないでそのまま使われている国もあります。

なお、最近は異常なまでの「清潔ブーム」であり、その流れに乗ってさまざまな商品が売り出されています。コレラ菌のように病気を引き起こす菌は別にして、人体に何の影響もない菌まで無駄に消毒してしまうのは問題です。

人間はさまざまな雑菌に囲まれて生活をしています。これらの中には、腸内にあるような消化を助けたり、病原菌を殺したりする重要な菌もあります。いま売り出されている商品の多くは、このような体にとって必要な菌まで殺してしまう可能性があります。これは、薬などに関しても同様のことがいえます。

このような状態では、体内に抗体ができません。適切な免疫力がつかないため、病気を引き起こす細菌に接するたびに感染してしまいます。それを防ぐために、異常に殺菌した水を飲んだり、そのたびにその菌を殺す薬を飲んだりしていてはキリがありません。

人間はさまざまな菌に接することによって免疫を作り、これによって多少の病原菌に負けない丈夫な体を作るのです。そのため、幼児のときからある程度の雑菌には触れさせて、さまざまな細菌に対する免疫をつけさせておくことが大切です。

料理がおいしくないのは、水のせい?

海外で料理を食べるとき、何か変な味がしたら、それを水の違いによるものとすることがあります。しかしそのようなケースのほとんどは、水に原因があるのではなく、料理そのものに問題があります。

例えば、胃腸が弱い人は、生魚を食べると下痢をすることがあります。これは、料理の水が問題なだけではなく、魚についた雑菌が原因で起こります。その他にも、東南アジアなどは気温が高く、食べ物が腐りやすいため、それが原因でお腹を壊すことがあります。

そのような場合は水だけではなく、サラダなど火が通っていない食べ物にも注意する必要があります。また、ジュースなどに入っている氷も注意が必要です。結局、氷はその国の水で作られているため、雑菌が多く存在する水である可能性が高いです。

そのような氷を入れてしまうと、水を飲まないように気をつけている意味がなくなってしまいます。

以上のように、海外では水に注意すべき点がたくさんあります。ただ、過剰な意識は逆に体の免疫力を弱めるきっかけになります。そのようなことにならないために、正しい知識をつけて行動することが大切です。