硬水が良いか軟水が良いかを判断する基準

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s

水は体にとって重要な役割を果たしています。しかし、ただ水を一杯飲めば健康になるのかというとそうではありません。水の質や量、飲み方など多くのことを考える必要があります。

水といってもさまざまな種類があり、例えば「硬水と軟水」「ミネラルウォーターとナチュラルウォーター」などが知られています。何か体には良さそうだけど、結局何が違うのかわからないという人が多いのではないでしょうか。

今回は、そのような水の種類とその質について解説します。

日本産と外国産の違い

日本の水道水は、世界でもトップクラスの安全性があるを誇るといわれています。日本のように水道水をそのまま飲むことができる国はそう多くはありません。そんな日本でも、水道水ではなくミネラルウォーターを飲む人は多いです。これは水道水の危険性がよく指摘されているからです。

また、ミネラルウォーターも実は種類によって大きな違いがあります。日本産と外国産の一番の違いは、加熱処理を行っているかどうかになります。日本産のものはほとんどが加熱処理されており、外国産のものはあまり加熱処理されていません。

加熱殺菌処理には長所と短所があります。日本のように加熱殺菌を行うと、細菌感染などの危険を減らすことができます。しかし、加熱殺菌処理をしてしまうと、自然のままのミネラルがなくなってしまいます。せっかく、自然にある「ふんだんのミネラルを含んだ水」を地下水から汲み上げたにも関わらず、水のミネラルを取り除いてしまうのです。

そもそも、長い年月を費やし、地層をろ過してきた自然水に病原菌が含まれることはほとんどありません。これは、日本人の過剰な安全志向による弊害だと思われます。日本産と海外産には以上のような違いがあり、断然、海外産の自然水の方が良いということになります。

硬度とは何か

また、よく見る言葉に「硬度」というものがあります。これは、カルシウムとミネラルの含有量によって決まります。つまり、硬度が高い水はミネラルを豊富に含んでいるということです。

欧州など、カルシウムやマグネシウムなどを豊富に含む地層を、ゆっくり時間をかけて流れたことで得られる水は硬度が高いです。一方で、日本では雨が多く水の流れが激しいため、水が地層からミネラルを吸収する時間が短いです。そのため、ミネラルの含有量が少ないです。

このようにミネラルの含有量が少ない水は、軟水とよばれます。では、ミネラルを多く含む硬水が体にいいのかというと、そう単純に結論づけることはできません。

例えば、動脈硬化によって起こる心筋梗塞や脳梗塞の予防には、動脈硬化を抑制する効果が知られている硬水がお勧めです。これは、硬水に含まれるミネラルが血管を強くし、血液の流れを良くするためです。

一方、硬水にはミネラルが豊富に含まれているため、消化や排泄に過剰な労力が必要です。そのため胃腸が弱い人や、腎臓に問題がある人は硬水よりも軟水がお勧めです。

以上のように、ミネラルを多く含む水の方が、基本的には自然に近く、体にも良いとされています。しかし、それが体の負担となってしまう人もいます。そのため、このような知識をもったうえで、実際に飲んだときに体がどう反応するかを感じ、あなたに合った水を見つけてください。