ストレス解消や気分の落ち込みにも役立つ天然水の秘密

4dd5e7753904a07a36cc6df943f6f947_s

水分摂取のために、「水」そのものを飲む人は少ないのではないでしょうか。多くの人は「お茶」や「コーヒー」などで水分摂取を行っている印象が強いです。しかし、これらは嗜好品であり、体に必要な水分の補充には適切ではありません。

また、これらの嗜好品はストレス解消のためにも使われます。確かに、仕事の休憩のときに「お茶」などを飲むとリラックスします。しかし、実はこれらの嗜好品は体にとって興奮作用の方が強く、むしろ緊張させてしまいます。

反対に「水」そのものを飲むことは、体をリラックスさせることがわかっているのです。そこで今回は、水がストレス解消にどのように関係しているかについて解説します。

ミネラルと精神機能の関係

ビタミンやミネラルにはストレスを解消する役割があります。ビタミンB系は神経の代謝に関わることにより、その働きを正常に保ちます。また、有名なビタミンCやA、Eなどは抗酸化ストレス物質といわれ、外部からの酸化ストレスに対抗します。

同じようにミネラルも精神機能に影響します。カルシウムは神経の興奮を抑え、マグネシウムは体温と血圧を調整します。それらが低下した結果、イライラや集中力の低下などが起こってしまいます。つまり、最近の子供のように、小魚などカルシウムの豊富な食品をとらなくなるといわゆる「キレやすい子供」になる可能性があります。

このような、ビタミンやミネラルに代表される微量栄養素は、タンパク質や炭水化物、脂質の三大栄養素のような「体を構成する役割」を担っていません。しかし、これらの三大栄養素が適切に働くための補助をしています。つまり、微量栄養素は三大栄養素と同じくらい体の健康に影響しているということになります。

ストレス解消には水に含まれるミネラルが大切

今のような人工的な水でなく、天然の水は雨や雪などが解けた水が地層や鉱石層などを通るときに、それらに含まれる成分を溶かして浸透させます。そのため、このような天然水は土中のミネラルをたっぷり吸収しています。

以前は、このような天然の水から十分なミネラルが補給されていたため、ミネラル不足になる人は少なかったとされています。しかし、現代人はこのようなミネラルたっぷりの天然水を飲まなくなりました。それどころか、現代人はますます水を飲まなくなっています。

かつてのジュースやラムネというものは、稀に飲ませてもらえるご馳走だったのです。しかし、今では日常的にジュースを飲み、それを水分補給としています。ただ、体に必要な水分というものは「水」そのものであり、ジュースなどの飲み物には天然のミネラルを含んでいません。

さらには、ジュースには大量の砂糖が含まれており、ジュースを一気に摂取することによって血糖値が一気に上昇します。体はそのバランスを戻そうとして、ホルモンによって一気に血糖値を下げます。このような血糖値の大きな変動は、気分の浮き沈みに関係しているとされています。

このように、一見ストレス解消に役立ちそうな嗜好品であるコーヒーやジュースというものは、逆に体に対してストレスを与え、さらには外部からのストレスを受けやすい状態にします。

そのため、人間の基本的な水分摂取は「水」にすべきです。その中でも、ミネラルを十分に含んだものを飲むとより効果的です。

あなたが普段、水分摂取として飲んでいるものは何でしょうか。明日からその半分でもよいので、ミネラル豊富な天然水に変えてみてください。それだけで、普段のイライラや気分の落ち込みなどが改善する方向に向かうはずです。