ウォーターサーバーの費用:維持費、電気代、メンテナンス代

50658d32cef54cae90efe37e51ae6f8e_s

ウォーターサーバーを導入する際、一番の悩みはその費用だと思います。ウォーターサーバーに関しては、水の購入は一回きりではありません。水が無くなれば新しい水を購入しないといけないですし、基本的に機械の電源を常時入れておく必要があるので毎月の電気代もかかります。

そこで、今回はウォーターサーバーを導入し、利用していくためにかかる費用について解説します。

導入時に必要な費用

まず初めに、ウォーターサーバーを導入する際に費用がかかる場合があります。最初に費用がかかるものとして「サーバーレンタル代」と「水代」の2つが挙げられます。

サーバーレンタル代に関しては、基本的に無料であることが多いです。しかし、まだその費用がかかるところもあります。その場合でも、月に数百円から数千円程度のところがほとんどです。そこまで大きな費用になることはないため、あまり心配する必要はありません。

次に水に関してですが、水は最初だけでなく、その後も継続してかかってくるものになります。また、その価格は種類によって大きく変わるので注意が必要です。全体的に「天然水」は高く、「RO水」は安めの傾向にあります。

天然水とは、簡単にいうと天然のミネラルを含む水を指し、ろ過、沈殿および加熱殺菌以外の処理を行っていないものになります。そのため、使われる水は「水質の良い地域の水」が選ばれます。使われる水にこだわりがあるため、その価格も少し高めです。1ボトル(12リットル)あたり、2000円前後に設定されていることが多いです。

一方、RO水とは、採取した水をRO処理膜という超微細孔のフィルターを通して、不純物を除去したものです。この水は確かに「きれいな水」ではありますが、水のおいしさを生み出す天然のミネラルは含まれていません。そのため、「おいしい水」ではありません。そこで、人工的にミネラルを添加して販売されることが多いです。

また、RO水で使われる水はとくに指定はありません。どのような水でも、フィルターを通せば一定基準以上の水を作り出せるため、RO水では低価格のものが多いのが特徴です。こちらは1ボトルあたり、1000円前後が相場のようです。

以上のことから、導入時は価格が高めの天然水を取り入れ、レンタルサーバー代が必要な場合でも、高くて3000円前後ですむと考えて良いです。

ウォーターサーバーの維持にかかる費用

ウォーターサーバーの維持には、「サーバーのレンタル代」と「水代」、そして「電気代」、「メンテナンス代」がかかります。レンタル代と水代に関しては先程述べたので、ここでは維持にかかる電気代とメンテナンス代について解説します。

電気代に関しては、基本的にサーバーは24時間電源を入れておく必要があります。とくに温水機能がついているものは電源を入れておくことが必須です。種類によって変わりますが、だいたい毎月500~1000円かかると考えておいた方が良さそうです。

最近では省エネタイプも出ており、以前と比較すると電気代が安くてすむものも多いです。そのため、電気代もサーバーの種類を選ぶ際の一つの要素として考える必要があります。

そしてメンテナンス代に関しては、基本的に無料のことが多いです。特にレンタル代がかかっているものは、そこにメンテナンス代も含まれていることがよくあります。また、基本的に、簡単な掃除などのお手入れは必要ですが、最近ではメンテナンス不要のサーバーも出まわっています。

したがって、一般家庭で使うウォーターサーバーに関しては、定期的なメンテナンスでかかる費用はあまり考えなくて良いです。

ウォーターサーバーの利用には、以上のような費用がかかります。その値段をどう感じるかは人それぞれですが、基本的にそこまで高額な費用はかかりません。そのため、少しでも興味がある場合は、一度業者の説明を聞いてみると良いです。そうすることで、より具体的なイメージがわくはずです。