ウォーターサーバーを選ぶ基準:水の種類、費用、ボトル、デザイン

7a532cc89308c62a401be3d12aafdbc1_s

水道水の味や塩素の体への影響を考え、ウォーターサーバーを導入しようと考える人は多いです。また、ウォーターサーバーを導入する際、どのような基準でその種類を決めるかは人それぞれです。

ここで、全くウォーターサーバーについて考えたことがない人にとっては、どのような種類があり、それらがどのように違うのかもわからない状況だと思います。せっかくウォーターサーバーを導入し、今後も長く使っていくのであれば、安易に選択するのは止めた方がよいです。そこで今回は、ウォーターサーバーの種類を選ぶときにポイントとなる以下の4点の部分について解説します。

水の種類について

多くの人は、体の健康のためにウォーターサーバーを取り入れます。そのときに大切なのが、水の種類です。ここで、ウォーターサーバーの水は基本的に「天然水」と「RO水」の2つの種類を取り扱っています。

天然水とRO水は、使っている原水と処理方法に違いがあります。天然水は厳選された天然の水に対し最低限の処理のみ行い、天然のミネラルが多く残った水です。

一方、RO水は使う原水に制限がなく、細かいフィルターを使って原水に含まれる不純物のほとんどを取り除いています。純粋に近いため、ミネラルなどの成分は含まれていません。

単純にどちらが良いとは言えませんが、ミネラル成分などを考慮すると、天然水の方が体の健康にとって良い作用を及ぼす可能性が高いです。しかし、その分だけ値段も天然水の方が高くなっています。

また、水には硬度があり、どれだけミネラルが含まれているかによって硬水と軟水に分けられます。硬度は水に含まれるミネラル分の含有量によって決まり、ミネラル分が多いほど硬度は高くなります。

一般的に日本人には軟水が飲みやすく、硬水は飲みにくく感じる人が多いです。また、ミネラル分を多く含む水はお腹を下しやすく、便秘の人には良いかもしれませんが、下痢気味の人には適しません。さらに、乳幼児のミルクなどにも硬水は適さないため、使用用途によって選ぶようにする必要があります。

また、天然水の中でも、採水地による違いがあります。水はその土地の成分に影響されますので、採水地によってその成分や味が変わります。これは個人の好みの問題ですので、一つの要素として頭に入れておく程度でよいです。

維持にかかる費用

ウォーターサーバーには、種類によってはレンタル料やメンテナンス料がかかります。ただ、無料のものも多くあります。

どの種類も共通でかかるのが電気代になります。ウォーターサーバーは基本的に24時間電源を入れておく必要があります。種類によって異なりますが、毎月500~1000円程度と考えてよいです。これらを総合して、選択基準の一つにする必要があります。

ボトルタイプの違い

ウォーターサーバーに使用されるボトルには、主に「リターナブルボトル」と「ワンウェイボトル」の2つのタイプがあります。

リターナブルボトルは硬質のプラスチックでできており、繰り返し使えるためエコ的です。しかし、空気が混入しやすいため、水の劣化が早いという欠点もあります。

一方、ワンウェイボトルは柔らかい素材でできており、水の量によってその大きさが変わるため、空気が混入しにくい構造になっています。そのため、リターナブルボトルと比較すると水の質は保たれます。ただ、「ボトルを燃えるごみとして自分自身で処理する必要がある」という欠点があります。

デザインの違い

ウォーターサーバーにもさまざまなデザインがあります。「一般的な比較的大きいタイプのサーバーや卓上タイプのサーバー」「ボトルを上に入れるタイプや下に入れるタイプ」などさまざまです。一人暮らしなら卓上タイプ、仕事場なら一般タイプなど、あなたの好みと使用環境によって合ったものを選択するとよいです。

以上のように、ウォーターサーバーを選ぶときは、さまざまな要因があります。どの組み合わせが良いかは人それぞれ異なります。あなたの好みと生活状況、使用環境によって合ったものを選んでください。

今回述べてきたものが全てではありませんが、ウォーターサーバーの導入を考えた際は、まずは以上の4点について考えてみるとよいかと思います。