危険な無症候性高尿酸血症と高尿酸血症の経過

kansetu

痛風・高尿酸血症は、男性の多くが悩まされている病気です。日本では、高尿酸血症の人は1000万人を超しているといわれています。

高尿酸血症は、それ自体は無症候性であることが多いですが、放置しておくとさまざまな合併症を引き起こすことになります。また痛風は、高尿酸血症の代表的な合併症の一つとして知られているものです。

病院で検査をして、尿酸値が7.0mg/dL以上であると高尿酸血症と診断されます。

ただ多くの人は、尿酸値が基準値を超えても何も症状が現れません。このように、尿酸値が高くても痛風などの問題が起こっていない状態を「無症候性高尿酸血症」といいます。

こうした無症候性高尿酸血症を放置しておくと、数年後に痛風や腎障害、尿路結石といったような重大な合併症を患うことになります。

そうならないためにも、高尿酸血症は、早期発見・早期治療が重要になります。

そこで今回は、「高尿酸血症の経過」について解説します。

高尿酸血症の経過

高尿酸血症は、尿酸値が7.0mg/dL以上の人が診断される病気です。

大体、血清尿酸値が7.0mg/dLを超えると、尿酸が血管からしみだして、関節などに結晶を作り始めるとされています。そのため、高尿酸血症の基準は7.0mg/dLとされています。

ただ、尿酸値が7.0mg/dLを超えても、ほとんどの人は関節痛などの症状が起こることはありません、このように、尿酸値が高くなっても痛風発作や痛風結節、腎障害などの明らかな問題が出現していない状態を「無症候性高尿酸血症」といいます。

このような無症候性高尿酸血症は、自覚症状がほとんどないため、健康診断などで血液検査が行われない限りは発見されません。

しかし、こうした状態を放置しておくと、数年後には痛風発作などの合併症が発症することになります。そして、合併症は一度患ってしまうと、簡単には治すことができなくなります。

こうしたことを避けるためにも、高尿酸血症は早期に発見してできる限り早く対策を行うことが大切です。

そして、高尿酸血症は大きく分けて「無症候性高尿酸血症期」「痛風間欠期」「慢性痛風期」の3つに分類されます。以下に、それぞれの時期について解説します。

・無症候性高尿酸血症期

基本的には、血液検査によって尿酸値が7.0mg/dLを超えた段階で高尿酸血症と診断されます。ただ、ほとんどの場合は、その時点で症状が出現することはありません。そのため、高尿酸血症の場合、その多くが無自覚のまま健康診断などで発見されます。

そして、このような状態を「無症候性高尿酸血症」といいます。

確かに、この時期では症状らしいものは現れていません。しかし、尿酸値が高くなるような状態になっています。

そのため、薬物療法などの治療は必要ない場合がほとんどですが、この時期から生活習慣の改善を行うことが大切です。無症候性高尿酸血症期に、症状がないからといって生活を改める努力をしないと、数年後に痛風発作などの合併症を発症することにつながります。

特に、腎臓は機能が障害されても、症状が出にくい臓器として有名です。その結果、尿酸が溜まって「腎臓に自覚症状が出たときには、すでにかなり病態が進行していた」ということになりかねません。

そうしたことを避けるためにも、症状が全くないような状態であっても、高尿酸血症と診断された場合には、生活習慣の見直しを行うようにしてください。

・痛風間欠期

痛風間欠期は、痛風発作が繰り返される時期になります。通常の痛風発作は1週間程度でおさまりますが、放置しておくと発作が一定期間ごとに起こるようになります。

この時期になると、尿酸値を下げるような治療が必要になります。そうした治療を行わずにいると、どんどん発作の間隔が短くなります。さらに、痛風間欠期には、関節に起こる痛風発作だけではなく、尿路結石や腎障害などが起こりやすくなります

このように、無症候性高尿酸血症期を過ぎると、さまざまな治療が必要になるだけでなく、合併症が発症しやすくなります。

・慢性痛風期

痛風発作を繰り返しているにも関わらず、治療を受けずに放置しておくと、症状が慢性化して常に痛みがあるようになります。

そして、「痛風結節」と呼ばれる特徴的なコブができます。また慢性痛風期になると、腎痛風や高血圧症、脂質異常症といったように、さまざまな合併症が進行している場合が多いです。

この時期では、尿酸値が非常に高く、正常の10倍近くまで上がっている人もいます。こうなると、治療にとても難渋することになるため注意が必要です。

今回述べたように、高尿酸血症は、病態の時期によって「無症候性高尿酸血症期」「痛風間欠期」「慢性痛風期」の3つに分類されます。そして、痛風間欠期や慢性痛風期になると、非常に症状が複雑で治りにくくなります。

そうしたことを避けるためにも、無症候性高尿酸血症期に異常を発見して、早期に対策を行うことが大切です。