尿酸の産生過程について学び、痛風・高尿酸血症を予防する

beer2

痛風・高尿酸血症は、体内の尿酸値が高くなることで、痛風発作を始めとしたさまざまな合併症を発症する病気として知られています。

体内の尿酸値が高くなる要因としては、ビールやレバーなどの「尿酸の原料となるプリン体を多く含む食事を摂ること」が一般的な共通認識となっています。しかし実際には、食事の影響で作られる尿酸は全体の20パーセント程度であり、残りの80パーセントは食事とは関係なく体内で合成されています。

つまり、痛風・高尿酸血症を引き起こす原因の大半は、プリン体を多く含む食事ではないといえます。

そのため、痛風・高尿酸血症について知るためには、食事以外の要因によって尿酸が作られる過程を学ぶことが大切だといえます。体内で尿酸が形成されるメカニズムを理解することで、痛風・高尿酸血症の予防につなげることができます。

そこで今回は、「尿酸の産生過程」について解説します。

プリン体とは

尿酸は、「プリン体」と呼ばれる物質を原料として合成される「窒素化合物」です。具体的には、尿酸はプリン体が肝臓で代謝される過程で作られる老廃物になります。

そのため、体内におけるプリン体の合成量が増えて代謝されるほど、尿酸の産生量も多くなります。

体内でプリン体が合成される経路は、大きく分けて「遺伝子」「代謝」「食事」の3つに分類されます。そして、このうち食事から摂取されるプリン体から尿酸が作られるのは、全体の20パーセントになります。

・遺伝子

「DNA」や「RNA」などの遺伝と関係しているものは、「核酸」と呼ばれる物質から構成されています。そして、核酸の約半分はプリン体から作られています。そのため、核酸を代謝する過程で老廃物としてプリン体が産生されます。

・代謝

食事から栄養素を体内に取り入れて、エネルギー源に変えて細胞の活動に利用する過程を代謝といいます。そして代謝では、エネルギー源として「ATP」という物質を利用します。

このATPは、プリン体を原料として作られているため、ATPを分解してエネルギー得る過程で老廃物としてプリン体が合成されます。

・食事

ビールやレバーなど、プリン体を多く含む食品を摂取すると、体内のプリン体量は増えます。

このように、プリン体は主に3つの経路から体内で合成されることになります。こうして作られたプリン体を元に、尿酸が産生されることになります。

体内における尿酸の合成過程

体内においては、「遺伝子の分解過程」「代謝過程」「食事」の3つからプリン体は合成されます。そして、痛風・高尿酸血症の原因となる尿酸は、プリン体を原料として作られます。

体内で発生したプリン体は、肝臓で代謝(分解)されます。そして、その肝臓におけるプリン体の代謝過程において尿酸が合成されます。

肝臓で合成された尿酸は、1日に約700ミリグラム合成されて体内に蓄積されます。体内には、常に約1200ミリグラムの尿酸が貯まっています。そして、肝臓で700ミリグラム合成される一方で、蓄積された尿酸のうち700ミリグラムが腎臓(尿)や消化管(便)から排泄されています。

このように尿酸は、毎日約700ミリグラムが合成・排泄されて入れ替わっています。

こうした合成と排泄のバランスが取れている場合には、尿酸値が高くなることはありません。しかし、尿酸の合成量が多くなったり、排泄量が少なくなったりすると、体内に蓄積される尿酸量が多くなるため、尿酸値が上昇して痛風・高尿酸血症を発症することになります

以上のことから、尿酸値が高くなる要因は、「尿酸の合成量が多い」「尿酸の排泄量が少ない」「合成量が多く、排泄量が少ない」という3つのタイプに分類することができます。

今回述べたように、尿酸は毎日一定量を合成されていますが、通常であれば合成と排泄のバランスが整っているため、尿酸値が上昇することはありません。

一方で、尿酸の合成量が多くなったり排泄量が少なくなったりすることで、合成と排泄のバランスが崩れると、体内の尿酸量が増えて尿酸値が高くなることになります。こうした尿酸が産生されて体内に蓄積するメカニズムを知ることで、尿酸値が高くなる原因について深く理解することができるようになります。