尿酸値上昇による痛風発作で痛みが出やすい部位

oyayubi

痛風・高尿酸血症に悩まされる人はたくさんいます。特に男性は、30歳代になると急に尿酸値が高くなる人が増えます。

そして高尿酸血症は、尿酸値が基準値を超えると診断されますが、尿酸値が異常であるからといって全ての人に何らかの症状が出現するわけではありません。むしろ、基準値をわずかに上回っているような人のほとんどは無症状です。

ただ、そうした無症状の状態を放置しておくと、尿酸値がどんどん高くなり、痛風発作を引き起こすことになります。

痛風発作は、尿酸が蓄積することで起こります。そして、尿酸は全身のどこにでも溜まりますが、その中でも起こりやすい場所があります。このような痛風発作の特徴を知っておくことは、痛風を早期発見し早期治療を行うために大切なことだといえます。

そこで今回は、「痛風発作が生じやすい部位」について解説します。

尿酸が蓄積しやすい場所の特徴

尿酸値が高い状態が続くと、組織に尿酸が蓄積して結晶化します。これが関節に生じると、痛風発作が起こり関節に激痛が出るようになります。

痛風というと、多くの人が「足の親指の付け根」の痛みを想像します。実際に、痛風発作の70パーセントが足の親指の付け根で最初に起こります。特に、外傷などがないのに、この部分に激痛が生じた場合には、痛風を疑うようにしてください。

その他にも、痛風発作は、手の指や手首、肘、かかとなどのさまざまな部位に生じる可能性があります。そして、尿酸が蓄積しやすく、痛風発作が起こりやすい場所には、以下のような特徴があります。

・体温が低い

・良く動かし負担がかかりやすい

・酸性度合いが高い

・タンパク質が少ない

このような3つの特徴を持った関節は、尿酸が蓄積しやすい場所になります。

具合的には、足の指の付け根や足の甲、かかと、アキレス腱、手指の関節、手首、肩、肘などが尿酸の蓄積しやすい部位として挙げられます。

また、基本的に痛風発作は、初めから2箇所以上の関節に起こることはほとんどありません。ただ、症状を放置して慢性化させてしまうと、複数個所に痛風発作が発生することがあるため注意が必要です。

下半身に痛風発作が起こりやすい理由

尿酸の蓄積は「体温が低い」「良く動かし負担がかかりやすい」「酸性度合いが高い」「タンパク質が少ない」という特徴を持った部位に生じやすいです。そして、痛風発作は全身に生じる可能性がありますが、明らかに上肢より下半身に起こりやすいという性質があります。

これには、下半身は上半身に比べて血流が弱く体温が低い上に、負担がかかりやすい部位であることが関係しています。

上半身は比較的血流が安定しており、尿酸が多くなっても長く一箇所にとどまることが少ないため、結晶化しにくいです。一方で下半身では、重力の影響もあり、上半身ほど血液の流れは活発に起こりません。

その結果、尿酸が一箇所に蓄積されやすく、結晶化しやすくなってしまいます。

また、下半身は上半身と比較して体温が低くなっています。体温の低下は、尿酸の結晶化を進行させる大きな要因になります。さらに、下半身は常に体重を支えているため、非常に負担がかかりやすくなっています。

このように、基本的に痛風発作は、「血流が少なく体温が低い場所に発生しやすい」といえます。

下半身は、そうした条件を満たしている上に、常に体を支えている場所であるため、痛風発作が頻発しやすくなっています。ただ、逆にいうと、下半身であっても血流を良くして体温を上げることができれば、痛風発作を予防することができるといえます。

ちなみに、いわゆる「石」と呼ばれる尿路結石ができやすい条件も同じであるため、尿路結石ができている人は、痛風発作が起こりやすい状態にあることを理解しておいてください。

今回述べたように、痛風発作が起こりやすくなる条件には、主に「体温が低い」「血流が悪い」「負担がかかりやすい」という3つの特徴があります。そして、下半身はこれらの条件を満たしているために、痛風発作が生じやすくなっています。

こうした痛風発作の特徴を理解しておくことで、痛風発作を予防したり、症状を軽減したりさせることにつなげることができるようになります。