和食中心の食事で痛風・高尿酸血症を予防する

wasyoku

痛風・高尿酸血症は、尿酸値が基準値を超えるとそのように診断される病気です。尿酸値の上昇には、さまざまな要因が関係していますが、その中でも食事の影響は多くの人が認識しているものです。

特に「プリン体」は、尿酸の原料となる成分であり、レバーやビールなどのプリン体を多く含む食品は、尿酸値を上げる食品として知られています。

しかし実際には、体内に存在するプリン体のうち、約80パーセントは食事に関係なく作られています。そのため、食事が尿酸値に与える影響は、一般的に認識されているほど大きくはありません。

ただそうはいっても、尿酸値に食事が全く関係していないわけではありません。食事に気をつけることは、尿酸値の上昇を防ぎ、痛風・高尿酸血症を予防することにつながります。

そこで今回は、「痛風・高尿酸血症を予防するための食事法」について解説します。

和食を意識する

尿酸値の上昇を防ぎ、痛風・高尿酸血症を予防するために、食事を意識することは大切です。食事だけで全ての痛風・高尿酸血症を予防することはできませんが、食生活に注意することで尿酸値の上昇が抑えられるケースは少なくありません。

そして、尿酸値を上げないための食事のポイントは、「あっさりした食事」になります。

食事によって痛風・高尿酸血症が発症するのには、「食事によってプリン体を過剰に摂取する」もしくは「食生活が乱れて肥満になる」という2つのことが関係しています。

体内に存在するプリン体の多くは、食事以外の要因によって合成されます。ただ、全体の20パーセント程度は、食事に含まれるプリン体が元になって産生されています。そのため、あまりにもプリン体を豊富に含む食品を食べすぎると、尿酸値は高くなります。

また、肥満は尿酸値を高くする原因の1つです。肥満になって内臓脂肪がつきすぎると、そうした内臓脂肪が原料となって尿酸が合成されます。そのため、内臓脂肪の量が増えると、その分体内で作られる尿酸量が多くなります。

このように、「プリン体を多く含む」「肥満を招く」という特徴を持つ食事とは、「高タンパク質・高脂肪」のメニューだといえます。

そのため、尿酸値の上昇を防ぐためには、あっさりとした食事のメニューにすることが大切です。そして、あっさりしたメニューといっても、あまり深く考える必要はありません。例えば、大豆や魚、野菜を中心とした和食にすると、自然と尿酸値の上昇を防ぐメニューが多くなります。

以上のように、尿酸値の上昇を防ぐためには、和食を意識することが大切です。

塩分や麺類の摂り方を工夫する

尿酸値の上昇を防ぎ、痛風・高尿酸血症を予防するためには、和食を意識することがポイントになります。和食を中心としたメニューにすることで、自然とプリン体が高い食品や高カロリーの食品を避けることができます。

ただ、和食にもいくつか注意しなければいけないことがあります。特に「塩分」と「麺類」の摂り方は、少し工夫をする必要があります。

和食には、漬物や塩辛といったように、塩分を多く含む食品がたくさんあります。そして、こうした食品には、ビタミンやカルシウムといった体の調子を整えるための「微量栄養素」と呼ばれる栄養素が含まれていません。

そのため、和食を中心にしながらも、塩分量には十分注意して、さらに肉類や卵などをバランス良く組み合わせることが大切です。

また、和食の中でも、うどんなどは具ではなく麺が中心となるため、過剰に炭水化物を摂取することになります。そうなると栄養バランスが崩れて、肥満を招くことになります。

そのため、麺類を食べる際には、麺を食べ過ぎないようにして、野菜や卵などの具をたっぷりと入れるようにしてください。そうすることで、栄養バランスを崩すことなく、麺類を食べることができます。

今回述べたように、食事は尿酸を上げる主な原因ではありませんが、食生活に注意して肥満を防ぐことで、多くの痛風・高尿酸血症を予防することができます。

そして、痛風・高尿酸血症を予防するためには、和食を意識したメニューにすることが大切です。また和食の中でも、塩分と麺類の摂り方を意識することで、さらに効果的に痛風・高尿酸血症の発症を防ぐことができるようになります。