酒(アルコール)と一緒に魚介類を食べた方が良い理由

アルコールは少量であればリラックス効果があるため、体に良いことがわかっています。しかし、大量のアルコールの摂取は、体にとってさまざまな悪影響を与えることも事実です。

アルコールは脳への影響が大きいことが有名です。お酒を飲むとフラフラするのは、脳の運動を支配する部位が、アルコールに弱いためです。またアルコールは、肝臓で解毒された後に排泄されるため、肝臓の負担も大きいです。

このように、体へ悪影響を及ぼすアルコールですが、一緒に食べるものを工夫することで、その害を小さくすることができます。その一つが魚介類です。そこで今回は、魚介類のアルコール摂取時の役割について解説します。

アルコール摂取時はタンパク質が大切

アルコールを摂取すると、いくつかの理由でタンパク質の必要量が高くなります。そのため、アルコールを飲むときは、タンパク質を多く摂ることが大切になります。

・消化吸収能力の低下

アルコールは、基本的に細胞にとって必要のない、害になるものです。アルコールが消毒に使われるのも、アルコールに殺菌作用があるためです。

人間の体には、アルコールを分解する機能が備わっているため、ある程度の量であれば問題ありません。しかし、アルコールの量が大量になると、消化器官である胃や腸が障害されます。その結果、通常でも消化に時間のかかるタンパク質は、さらに吸収が遅くなります。

・必要量の上昇

アルコールを分解するためには、肝臓を中心とした臓器の働きが必要です。臓器の活動が活発になるということは、その臓器を構成しているタンパク質の必要量も高くなります。

・タンパク質の変性

タンパク質は、アルコールと結びつくことで変性します。変性したタンパク質は性質が変わってしまうため、その分だけ新たなタンパク質が必要になります。

・ホルモン分泌の低下

大量のアルコール摂取は、タンパク質の合成を促す「テストステロン」というホルモンの分泌を阻害します。そのため、体内でタンパク質が作られにくくなります。

このように、アルコールはタンパク質の吸収や合成にさまざまな影響を与えます。そのため、アルコール摂取時は野菜などをメインにするのもいいですが、魚介類など、タンパク質が豊富なものを食べることも大切です。

貝、イカ、タコは肝臓を守る

魚介類の「介」という言葉には、殻がある貝だけでなく、海中に住むイカ、タコ、エビなどの無脊椎動物全部も含まれます。これらの無脊椎動物には、「タウリン」と呼ばれる成分が豊富に入っています。タウリンは栄養ドリンクなどに多く含まれているため、名前は聞いたことがある人がほとんどだと思います。

タウリンの生理的な作用としては、「コレステロール値の低下」や「中性脂肪値の低下」、「血圧正常化」などがよく知られています。他にも、糖尿病や発がん性に対する効果も報告されています。また、タウリンには肝臓での解毒作用を強めたり、アルコールによる肝臓障害を予防したりする役割もあります。

人の体内において、タウリンは合成されています。そのため、必ず食事から摂取しなければならないものではありません。しかし、人のタウリン合成能力はそこまで高くない上に、特にアルコールを飲む人は欠乏する傾向にあります。

そのため、アルコール摂取時にイカやタコ、エビなどの魚介類を一緒に食べることはお勧めです。

今回述べたように、お酒の肴には魚介類がお勧めです。アルコールを飲む人は、食べ物を食べずに、飲み続ける人が多いです。そのような飲み方は、体にとって大きな負担になります。

缶詰など手軽なものでも良いですので、お酒を飲む際は、できるだけ魚介類を一緒に食べるようにしてみてください。