良性発作性頭位めまい症(BPPV)の症状・特徴と解消法

reha2

良性発作性というめまい症(BPPV)は、めまいを引き起こす原因として最も多い病気です。昔は、めまいというと「メニエール病」と考えられていましたが、実際には、めまいを訴える人の60パーセントは良性発作性頭位めまい症が原因です。

ただ、未だに「めまい=メニエール病」という固定観念を持っている人が多くいます。そして、一般人だけでなく医療関係者の中にも、「めまいの原因はメニエール病であることが多い」と考えている人が少なくありません。

このような、めまいに対する間違った認識があるために、慢性的にめまいという症状に悩まされている人が多くいます。

そのため、めまいを解消するためにはめまいに対する正しい知識を持つことが大切になります。そして、めまいの半数以上は良性発作性頭位めまい症(BPPV)が原因で起こるため、良性発作性頭位めまい症(BPPV)について学ぶことは、めまい解消のためには欠かせないことだといえます。

そこで今回は、「良性発作性頭位めまい症(BPPV)の症状・特徴と解消法」について解説します。

良性発作性頭位めまい症の症状・特徴

良性発作性というめまい症(BPPV)は、耳の奥にある平衡機能を司る「内耳(ないじ)」にトラブルが生じることで発症します。

内耳は、さらに「前庭器」と「三半規管」「蝸牛(かぎゅう)」の3つの部位に分けられます。そして、その中でも平衡機能に関わるのは、前庭器と三半規管の2つです。

良性発作性頭位めまい症は、前庭器の中にある「耳石(じせき)」と呼ばれるものが、誤って三半規管内に入り込んでしまうことが原因で起こります。その結果、三半規管による平衡機能が障害されてめまいが生じます。

良性発作性頭位めまい症の主な症状は、めまいです。そして、他にも吐き気や嘔吐を伴うことがあります。

特徴として、数十秒や数分という短時間でめまいが治まることが多く、難聴や耳鳴りを伴うこともほとんどありません。また、症状は多少の波はあっても、明らかに悪化することは少ないです。

このように、良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、そこまで強い症状が出ることはなく、過剰に心配する必要がない病気だといえます。

良性発作性頭位めまい症の解消法

良性発作性というめまい症(BPPV)は、前庭器の耳石が三半規管内に入り込むことで発症します。

実際の治療では、理学療法士が「頭を他動的に動かして耳石を移動させる」という方法が有効です。こうした良性発作性頭位めまい症(BPPV)に対する治療法を「エプリー法」といいます。

ただ日本では、エプリー法を行っている病院は多くありません。そのため、自分自身で解消する方法を知っておく必要があります。そして、良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、ある決まった体操を行うことで改善することができます。

良性発作性頭位めまい症(BPPV)に有効であり、あなた自身で行える体操には以下の3つがあります。

・振り返り運動

振り返り運動では、まず片手の親指を立てて肘を伸ばした状態であごの高さまで腕を挙げます。そして、目線を親指先に固定したまま、首を左右に30度程度ずつ回します。

この運動を左右で20回繰り返します。

・上下運動

上下運動は、振り返り運動と同じように、まずは片手の親指を立てて肘を伸ばした状態であごの高さまで腕を挙げます。そして、手のひら側を下にするようにして、親指を横に寝せます。その状態で親指先を見たまま、うなずくように首を上下に動かします。

この運動を上下で20回繰り返します。

・寝返り運動

ベッドや床に仰向けになり、その姿勢のまま10秒数えます。そして、最初に首だけを右側に回して、その状態で10秒数えます。次に、体も首と同じように右側に回転させて完全に横向きになった姿勢で10秒保ちます。

その後、一旦仰向けに戻って10秒数えます。

この運動を左も同じように行います。

良性発作性頭位めまい症(BPPV)には、以上の「振り返り運動」「上下運動」「寝返り運動」という3つの運動が有効になります。

今回述べたように、良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、症状が長引かず、耳鳴りや難聴を伴わないという特徴があります。そして、「振り返り運動」「上下運動」「寝返り運動」の3つを行うことで、あなた自身で問題を解消することができます。

そのため、良性発作性頭位めまい症(BPPV)と診断されても、過剰な心配する必要はありません。しっかりとあなた自身でリハビリを行うことで、良性発作性頭位めまい症(BPPV)は改善することができることを知っておいてください。