原因不明の耳鳴りと生活習慣の関係性

lerning

耳鳴りは、病院を受診しても原因不明と診断されやすい病気の1つです。そのため、数十年という長い期間、耳鳴りに悩まされているという人もたくさんいます。多くの病院では、耳鳴りに対して従来から行われている検査だけを実施します。そして、検査結果として異常が見つからないため、原因不明と診断します。

実際に、耳鳴りを引き起こす本当の原因は、従来行われているような耳鳴りの検査では見つけることができません。ただ、耳鳴りに対する正しい認識を持って、適切な検査と治療を行えば、耳鳴りという症状を改善することができます。

また耳鳴りは、重症であったり、うつ病を伴っていたりしなければ、あなた自身が注意することで症状を解消することができます。

そこで今回は、あなたが実践できる耳鳴り治療について解説します。

耳鳴りについて学ぶ

耳鳴りを解消するためには、まず初めに「耳鳴りについて正しく理解する」ということが大切になります。

耳鳴りに関しては、医療従事者ですら間違った認識をしていることが多いです。そのため、病院を受診しても原因不明とされたり、治療を行っても上手くいかなかったりするケースが少なくありません。

そうなると、耳鳴りによる不安がどんどん強くなることで、耳鳴りの症状が悪化します。その結果、「耳鳴り → 不安 → 症状悪化 → 不安……」というような、耳鳴りと精神的な問題によって悪循環が作られます。これが、耳鳴りを長期化させる原因になります。

そのため、耳鳴りについて正しく理解して不安という精神的な問題を解消することで、こうした悪循環を断つことができます。

耳鳴りについて学ぶ方法は、病院で医師からカウンセリングを受けてもいいですし、自分自身で本を読むことも有効な手段の1つです。とにかく、耳鳴りを引き起こす本当の原因について理解して、不安や心配を取り除くことが大切です。

病院で原因不明とされていたり、長期間通っても治療が上手くいかなかったりしているような耳鳴りでも、耳鳴りのメカニズムを理解することで、そこまで不安に思う必要がないことがわかります。

そして、そうした不安や心配が消えると、それだけで耳鳴りが解消する人も少なくありません。またそうなると、たとえ耳鳴りが残っていたとしても、過剰な心配をしなくなるため生活への支障は無くなります。

このように、耳鳴り治療において、あなた自身が耳鳴りについて学び、正しい知識を持つことが非常に重要になります。

耳鳴りと生活習慣の関係性

耳鳴りの治療では、まずは「耳鳴りについて正しい認識を持つ」ということが重要になります。そのため、耳鳴りを解消するためには、耳鳴りについて学ぶことが欠かせません。

ただ、それだけでは耳鳴りが解消しない場合もあります。そうした場合には、生活習慣の乱れが耳鳴りに関係している可能性が高いです。

耳鳴りは、原因不明と診断されたり、症状が長期化したりすると、耳鳴りと精神的な問題の悪循環に陥ります。そしてその結果、耳鳴りが非常に治りにくくなります。

また、こうした悪循環には、「自律神経」が密接に関係しています。

自律神経とは、胃腸や心臓、肺などの活動を無意識下でコントロールしている神経です。人間の体は、自律神経が適切に働くことで健康な状態を維持することができます。

そして自律神経は、精神的なストレス(不安や心配など)や生活習慣の乱れによって働きが悪くなります。

具体的には、睡眠不足や食べ過ぎ、栄養の偏り、運動不足などは、自律神経を乱す原因となります。そして自律神経の働きが悪くなった結果、耳鳴りの悪循環が強化されてしまい、さらに耳鳴りが強く治りにくくなります。

このように、生活習慣緒乱れは自律神経を介して耳鳴りを悪化させます。そのため、耳鳴りを治すためには、生活習慣に注意することが大切になります。

以下に、耳鳴りを解消するために注意すべき生活習慣について記します。

・規則正しい生活(早寝早起きなど)をする

・食事の栄養バランス(特にビタミンB群の摂取)を整える

・禁煙をする

・過度のアルコールを避ける

・適度に運動する

・睡眠時間を確保する

今回述べたように、耳鳴りを自分自身で解消するためには、「耳鳴りを正しく理解をすること」と「生活習慣を整えること」が大切になります。

耳鳴りが起こった場合には、もちろん病院を受診することも重要です。ただ、治療を病院にまかせっきりにするのではなく、あなた自身も何かしらの努力を行うことで、より早く耳鳴りを解消できるようになります。