かくれ冷え症:冷えとめまいの関係性

387c8ef531311f3a0e779191a7b24ba9_s

「体調が悪いのに検査で異常が見つからない」という症状のことを、「不定愁訴(ふていしゅうそ)」といいます。不定愁訴の多くは原因がわからないため、患者のほとんどが我慢をしているといわれています。

女性の多くが経験を持つ「めまい」は、このような不定愁訴の一つです。通常、めまいは時間の経過とともに症状が治まります。ただ、急なめまいはフラつきを起こすため、状況や場所によっては怪我や事故の原因になることがあります。

めまいは、身体の冷えが原因で起こることがあります。最近では、冷え症の自覚がない「かくれ冷え症」も増加傾向にあります。つまり、冷え症ではないと思っている人でも、冷えを改善するだけでめまいが解決することがあるのです。

そこで、ここでは冷え症とめまいの関係性について述べていきます。

めまいが起こるメカニズム

めまいは、視界がぐるぐると回るような感覚に襲われる「回転性」、ふらふらとした感覚や乗り物に乗っているような感覚が起こる「動揺性」、立ちくらみや血の気が引く感覚が起こり、失神することがある「失神性」の3種類に分けられます。

これらのめまいは、さまざまな原因によって起こります。ただ、どのめまいも血行が悪くなることによって起こりやすくなります。

身体の平衡感覚は、脳や耳によって保たれています。小脳」は、身体の運動機能に関与して平衡感覚の調整を行っています。また、耳の内側にある「三半規管(さんはんきかん)」や「前庭(ぜんてい)」は、身体の傾きを感知する働きがある器官です。

血液は、細胞に酸素や栄養素を運ぶ役割があります。そのため、血行不良によってこれら器官への酸素・栄養素の運搬が滞ると、平衡感覚が正しく機能しづらくなります。すると、前述のようなめまいが起こるのです。

冷え症とめまいの関係性

身体が冷えると、熱を逃さないために血管が収縮します。この状態が慢性的に続くと、血管を通る血液の量が少なくなるため、全身の血行が悪化します。前述のように、血行の悪化はめまいの原因となります。そのため、身体が冷えるとめまいが起こりやすくなります。

また、身体が冷えると胃腸への血液供給が後回しにされて胃腸の働きが低下します。すると、栄養素の吸収が妨げられるため、脳や耳への栄養補給も行われづらくなり平衡感覚が正常に働きづらくなります。

このように、身体の冷えは平衡感覚を失わせてめまいを起こしやすくするのです。

めまい防止のための冷え症対策

前述のように、冷えによるめまいは、平衡感覚を司る器官が血行不良になることによって起こります。そのため、めまい防止のためには、冷えを防いだり血行が悪くなったりするような生活習慣を改めることが大切です。

鉄不足による貧血は、めまいの原因になるとともに、身体を冷やしてめまいを悪化させます。月経前や月経中に起こる立ちくらみの多くが、貧血によるものです。

女性は月経によって定期的に鉄を失うため、慢性的な貧血になりやすいです。そのため、めまいを防ぐためには、意識して鉄を摂取して貧血を防ぐことが大切です。

食物に含まれる鉄は、植物性鉄である「非ヘム鉄」よりも動物性鉄である「ヘム鉄」のほうが吸収しやすいという特徴があります。ヘム鉄は、食肉や赤身の魚に多く含まれています。特に食肉は、鉄を吸収しやすくする成分も含んでいるため、鉄補給には最適といえます。

また、現代人はカフェインを過剰に摂取する傾向にあります。眠気覚ましにコーヒーや栄養ドリンク、エナジードリンクを飲用することは一般的になっており、水分補給をお茶で行う人も多いです。これらの飲料には多くのカフェインが含まれています。

このように、摂取する機会が多いカフェインは、脳内の血管を収縮させる働きがあります。そのため、日常的にカフェインを摂取していると脳内の血流が悪くなり、めまいが起こりやすくなります。

さらに、カフェインは交感神経を刺激して血管を収縮させる働きもあります。前述のように、血管の収縮が長く続くと血行が悪くなります。血行が悪くなるとめまいが起こりやすくなるだけではなく、体温が身体を巡らないことによって冷えが起こり、めまいが悪化しやすくなります。

このように、カフェインを含む飲料の常飲は冷えやめまいを起こしやすくします。そのため、水分補給は水で行い、カフェイン飲料は1日2本程度を限度にすることが大切です。

昔から「冷えは万病の元」というように、冷え症はさまざまな病気の原因となります。そのため、めまいはさまざまな病気の前兆ととらえることができます。

めまいを「よくあること」と受け流さずに、これまでに述べたようなめまい対策を生活習慣に取り入れてみることで、さまざまな病気を防ぐことができます。そうして、原因不明の不調から開放されるはずです。