耳鳴りの原因を特定するための検査法

kensa

耳鳴りに悩まされて病院を訪れる人は少なくありません。ただそうした人の多くは、医者から「原因不明」と診断されて、適切な治療を受けることができません。

それは、耳鳴りが起こる本当の原因について知らない医者が多いためです。そして、一般的に行われているような耳鳴りの検査を行って異常が見つからないため、「原因不明」と診断します。

しかし実際には、耳鳴りが起こる原因は明らかになっています。また、耳鳴りを引き起こす本当の問題を見つけるためには、適切な検査を行う必要があります。

そうした検査法を理解しておくことは、「耳鳴りが起こったときに受診すべき病院」を選択することにつながります。

そこで今回は、「耳鳴りの原因を特定する検査法」について解説します。

耳鳴りの原因

耳鳴りで病院を受診しても、「原因不明」と診断されることが少なくありません。多くの医者は、耳鳴りを引き起こす本当の原因を知りません。そして、一般的な検査を一通り行って異常が見つからないため、原因を特定することができません。

このように、従来の検査で異常が検出されない耳鳴りの原因は、「難聴」にあることが明らかになっています。

難聴とは、音が聞き取りにくい状態を指します。難聴が軽度の人は、大きな声やある一定の音域の音であれば聞こえますが、中にはほとんど音が聞こえないようなケースもあります。

耳から入る音は、耳の中を通り神経を介して脳にまで伝えられます。そして、脳に情報が届くと音として認識されます。

ただ、難聴の場合には、脳へ届く情報量が少なくなるため、音を認識しにくくなります。例えば、耳垢が詰まっていたり、脳に情報を送る神経に障害があったりすると、脳へ十分量の情報が送られず難聴になります。

そのような場合、より多くの音情報を取り込もうとして、脳が過剰に働くようになります。つまり、活発に活動することで、わずかな情報でも拾って音を認識しようとします。

そして、こうした脳の過活動が「耳鳴り」の原因になります。

原因を特定するための検査法

耳鳴りの原因は、難聴による脳の過活動にあります。そして難聴には、耳の中を音が通りにくくなったために起こる「伝音障害」と、神経や脳に問題があって脳に十分な情報が届かないために起こる「感音障害」の2つがあります。

例えば、耳垢が詰まってしまうと、耳の中における音の伝わりが悪くなるため、音が聞き取りにくくなります。このようにして起こる難聴を、伝音障害といいます。

一方で、音を聞くための神経に炎症などが起こると、音が十分に伝わっても、その情報を感じることができなくなるため、音が聞こえにくくなります。このような状態を感音障害といいます。

耳鳴りの多くは、こうした難聴が原因で起こります。つまり、耳鳴りの原因を特定するためには、伝音と感音のどちらに問題があるかを調べる必要があります。

一般的に行われる難聴の検査を、「純音聴力検査」といいます。健康診断などで行う聴力検査は、純音聴力検査になります。

そして、純音聴力検査には、「気導検査(きどうけんさ)」と「骨導検査(こつどうけんさ)」の2つがあります。気導とは、空気が振動して音が伝わる仕組みのことをいいます。一方で骨導とは、耳の中にある骨から直接音が伝わることを指します。

つまり、気導検査で異常が見つかった場合には、音を伝えるルートに障害が起こっている可能性を指し、骨導検査に問題があったケースでは音を感じることが障害されている可能性が高いといえます。

そのため、伝音障害による難聴を検査で特定する場合には気導検査、感音障害による難聴を見つける場合には骨導検査を行う必要があります。

このように、一言で聴力検査といっても、「伝音障害と感音障害を検査する方法は異なる」ということを理解しておいてください。

今回述べたように、一般的な検査を行っても原因不明とされる耳鳴りの多くには、難聴が関係しています。また難聴の原因には、伝音障害と感音障害の2つがあります。そして、伝音障害は気導検査によって、感音障害は骨導検査によって異常を見つけることができます。

このように、耳鳴りの原因を特定するためには、気導検査と骨導検査という2つの聴力検査を行う必要があることを知っておくことが大切です。