生活習慣によって良性発作性頭位めまい症を予防・治療する

sleep2

めまいという症状の多くは、「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」という病気が原因で起こります。めまいの約60パーセントは良性発作性頭位めまい症(BPPV)であり、約20パーセントが「メニエール病」といわれています。

一般的には、「めまい=メニエール病」という認識をしている人が多くいます。ただ実際には、めまいで悩む人の半数以上は、メニエール病ではなく良性発作性頭位めまい症(BPPV)が原因です。

そして、良性発作性頭位めまい症(BPPV)には、生活習慣が大きく影響しています。そのため、良性発作性頭位めまい症(BPPV)を予防・解消するためには、生活習慣との関係性を理解して、正しい生活を送ることが大切になります。

そこで今回は、「良性発作性頭位めまい症と生活習慣の関係性」について解説します。

良性発作性頭位めまい症(BPPV)とは

良性発作性頭位めまい症(BBPV)とは、耳の奥にある平衡機能を司る「内耳(ないじ)」と呼ばれる場所にトラブルが生じることでめまいが起こる病気です。

内耳は、「三半規管」と「前庭器」、「蝸牛(かぎゅう)」の3つから構成されます。そして、この3つのうち、蝸牛は音を聞く仕組みに関わっており、三半規管と前庭器はバランス機能に関係しています。

良性発作性頭位めまい症(BPPV)の原因は、「前庭器の中にある耳石(じせき)が三半規管内に入り込むこと」だといわれています。そうして三半規管に耳石が入った結果、三半規管の働きが悪くなってグルグル回るようなめまいが発症します。

以下に良性発作性頭位めまい症の特徴を記します。

・最初のめまいが最もひどい

・嘔吐(おうと)を伴う

・起床時、寝返り時などに回転性のめまいが起こる

・洗顔時などにめまいが起こる

・めまい発症以来、歩くときに足元がフワフワする

・人混みの中を歩くと気持ち悪くなる

良性発作性頭位めまい症(BPPV)では、基本的には時間とともに症状が落ち着いてきます。実際には、めまいの悪化と寛解を繰り返しながら、少しずつ気にならないようになってきます。

ただ、中には症状が慢性化して、長期間めまいに悩まされている人もいます。そして多くの場合、病院を受診しても原因不明と診断されて、治療を受けることができません。

良性発作性頭位めまい症と生活習慣の関係性

良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、自然に良くなる人も少なくありません。しかし、中には時間が経ってもめまいが続く人もいます。そうした場合に、いくら検査を行っても原因がわからないことが多いです。

それは、良性発作性頭位めまい症(BPPV)を引き起こす原因の多くは生活習慣にあり、検査では検出することができない問題であることが多いためです。

良性発作性頭位めまい症(BPPV)の人には、以下のような「運動不足・同一姿勢での睡眠」「低い枕の使用」「睡眠不足」という生活習慣における共通点があります。

運動不足、同一姿勢での睡眠

良性発作性頭位めまい症(BPPV)の原因は、不要となった耳石が三半規管内に入り込むことにあります。健康な人であれば、不要な耳石は自然と処理されるため、三半規管へ溜まって、三半規管の働きを妨害することはありません。

ただ、こうした耳石の処理は、頭を動かすことで三半規管内にあるリンパ液の流れが起こってはじめて行われます。

そして、運動不足や同じ姿勢での睡眠や作業を続けていると、リンパ液の流れが滞ってしまいます。その結果として、古くなった耳石が排除されずに三半規管内に入り込んでしまいます。

低い枕の使用

枕を低くすると、前庭器の位置が三半規管より高くなります。その結果、前庭器内にある耳石が三半規管に転がり込みやすくなるため、良性発作性頭位めまい症を発症しやすくなります。

睡眠不足

睡眠不足が、内耳に直接影響を与えて良性発作性頭位めまい症(BPPV)を引き起こすことはありません。しかし、睡眠が短くなると、内耳と強調してバランスに関わる脳の働きが低下してしまいます。

その結果、ちょっとしたバランスの崩れでめまいを感じやすくなります。そのため睡眠不足は、良性発作性頭位めまい症を悪化させる要因だといえます。

今回述べたように、良性発作性頭位めまい症(BPPV)の原因は、「運動不足、同一姿勢保持での睡眠」「低い枕の使用」「睡眠不足」といったような、ちょっとした生活習慣にあります。こうした生活習慣を避けて生活するだけでも、良性発作性頭位めまい症(BPPV)を予防したり改善したりすることができます。