めまいやふらつきに関わる体の構造と機能:内耳と小脳

furatuki

めまいやふらつきなどの症状は、多くの人が悩まされている問題です。しかし、ほとんどの場合は、病院を受診しても原因不明とされて適切な治療を受けることができません。

また、めまいやふらつきの原因を特定できて治療を行っても、症状が残ってしまうことが少なくありません。

ただ、めまいやふらつきの多くは、耳の奥にある「内耳(ないじ)」、もしくは後頭部辺りに位置する「小脳」に原因があります。そのため、めまいやふらつきを考える上で内耳と小脳の構造について考えることは大切です。

そこで今回は、「めまいやふらつきに関わる内耳と小脳の構造と機能」について解説します。

内耳の構造

内耳とは、「耳の奥にあるバランスを司るための平衡感覚の役割を担っている器官」です。めまいやふらつきの多くは、内耳に問題が生じて平衡感覚が狂うことで起こります。

内耳は、「蝸牛(かぎゅう)」と「三半規管」「耳石器」の3つで構成されます。この中でも、蝸牛は音を聞くということに関係しています。

耳から入った音刺激は、鼓膜から耳小骨に伝わった後、蝸牛内のリンパ液を震わせることで、脳へつながる神経を刺激します。そして、最終的に蝸牛内にある神経を介して音情報が脳に伝えられます。

一方で、三半規管と耳石器は「前庭器」とも呼ばれ、音を聞くことではなく体のバランスに関係します。

三半規管は、「前半規管」「外側半規管」「後半規管」の3つから構成されるものです。そして、それぞれの半規管が90°ずつ傾いていることで、三次元の回転運動を感知します。そうすることで、頭の位置情報(傾き加減)を捉えて脳に伝えます。

耳石器は、耳石膜と耳石によって構成されています。そして体が傾いたり、前に進んだりして垂直運動を行った場合に、耳石膜上にある耳石が重力によって刺激を受けます。

その結果、耳石からの情報が耳石膜から耳石膜の裏につく感覚を感知する神経に伝えられて脳にまで達します。

つまり、頭を回すなどの回転運動に対しては三半規管が反応し、真っ直ぐに進んだり傾いたりするような刺激には耳石器が関係します。

そして、めまいやふらつきは、こうした内耳にある前庭器の左右どちらかに問題が生じることで起こります。このように、めまいやふらつきは、前庭器が司る平衡機能に左右差が生じることで発生することになります。

小脳の機能

内耳は平衡機能に関して重要な役割を担っているため、内耳の不調は、めまいを引き起こす原因の1つになります。また、人間の平衡機能は、内耳だけではなく目と足の裏からの情報が統合されることで作られます。

そして、こうした耳と目、足裏の3つからの情報を受け取り、まとめているのが小脳です

小脳は、「耳からの前庭刺激」「目からの視覚刺激」「足裏からの深部感覚刺激」の3つの情報を受け取ります。そして、小脳が受け取った情報を整理して大脳に指令を送ることで、大脳からバランスをとるなどの指示が筋肉などに出されます。

このように、耳や目、足裏から適切な情報が小脳に届かないか、もしくは小脳が上手く情報処理を行えなかった場合にめまいやふらつきが起こります。

また筋肉の働きが悪いために、大脳からの指令通りに体が動かないことでもふらつきは起こります。

この中でも、めまいの多くは内耳や小脳に問題があることで起こります。そして、ふらつきは加齢によって足裏から感覚情報を上手く受け取ることができなかったり、筋力低下によって脳の指示通りに体を動かすことができなかったりすることで起こりやすいです

ただ、普段の生活でも、耳や目、足裏からの情報が不十分で体のバランスが崩れるようなこともあります。しかし健康であれば、そうしたわずかなバランスの崩れは小脳が自動的に修正してくれているため、意識しなくても体が上手くバランスをとってくれています。

このように、無意識下で体のバランスをコントロールすることが、小脳の特徴的な働きです。

今回述べたように、めまいやふらつきは、内耳や小脳、目、足裏、筋力といったような平衡機能と関係している器官に問題が生じることで起こります。そしてその中でも、内耳や小脳に問題があるとめまいが生じ、足裏や筋力に不調があるとふらつきやすくなります。

一言でめまいやふらつきといっても、「このようにさまざまな体の部位の問題が原因で起こる可能性がある」ということを知っておくことが大切です。