耳鳴り治療における補聴器の値段と選び方

nayamu3

耳鳴りは、病院を受診しても原因不明として適切な治療を受けることができず、長期的に悩んでいる人が多い病気です。ただ、原因不明と診断される耳鳴りのほとんどは「難聴」が原因です。

そして、そうした耳鳴りは、難聴に対する治療を行うことで症状が改善されます。そのため、原因不明と診断された耳鳴りに悩まされている人は、難聴について学ぶことが大切だといえます。難聴の治療を理解することは、耳鳴りを解消することにつながります。

こうした難聴に対する治療の1つとして、補聴器によるリハビリがあります。補聴器は、実際に耳鳴りの治療として非常に活用されているものです。

ただ、補聴器というと、「高そう」「種類がいろいろあって選べない」という人は少なくありません。そして、耳鳴りの治療のためには、適切な補聴器を選ぶことが重要になります。

そこで今回は、「耳鳴り治療における補聴器の値段と選び方」について解説します。

補聴器の値段

補聴器というと、「値段が非常に高い」というイメージを持っている人が少なくないと思います。実際に補聴器は、高いものだと50万円を超えるようなものもあります。

ただ、耳鳴りの治療に関して、「高価な補聴器ほど治療効果が高い」とはいえません。

値段よりも、あなたの難聴における程度や聞こえにくい領域によって、必要な補聴器のレベルは変わってきます。

しかし、値段は関係ないといっても、通信販売などで安売りされている数万円のものは、あまりお勧めできません。数万円程度の補聴器は、補聴器というよりも音を集めるだけの「集音器」と考えたほうが良いです。

耳鳴り治療には、高価な補聴器は必要ありませんが、あなたの難聴に合わせた微調整を行えるものである必要があります

耳鳴りの治療を専門としている病院では、両耳で20万円程度の補聴器を利用しているところが多いようです。そのため、補聴器の値段はおおよそ「20万円前後」と考えておいてください。

また、「障害者総合支援法」によって障害者と認定された場合には、補聴器に対して支援を受けることができます。そのため、そうした制度を利用することで、補聴器購入に対する負担を減らすことができることも知っておく必要があります。

このように、耳鳴り治療に対する補聴器は、高いほど効果があるというわけではありません。ただ、ある程度は微調整ができるものである必要があります。

補聴器のタイプと特徴

補聴器を購入する際に起こる悩みの1つとして、「どのタイプの補聴器を選ぶか?」ということが挙げられます。

補聴器には、大きく分けて「ポケット型」「耳かけ方」「耳穴型」の3つに分類されます。そのため、それぞれの特徴を理解した上で、あなたに合った補聴器を選択することが大切です。以下に、3つのタイプについて解説します。

・ポケット型

ポケット型とは、耳に付けるイヤホンとは別に補聴器があり、その補聴器をポケットに入れて使用するものです。

ポケット型の補聴器の場合、値段は安いものが多いですが、持ち運びのわずらわしさなどが欠点であるといえます。そのため、現在ではほとんど利用している人はいません。

・耳かけ型

補聴器の中でも、最も使われているタイプが耳かけ型のものです。

耳かけ型の補聴器は、その名の通り「補聴器を耳にかけるタイプ」の補聴器であり、本体が耳裏に隠れるような作りになっています。

このように、耳かけ型タイプの補聴器は、周りに目立たないことが特徴です。補聴器を利用する際に、見た目がネックとなって補聴器の使用をためらう人は少なくありません。そうした人であっても、耳かけタイプの補聴器を選べば、ほとんど見た目に影響することはありません。

また、小さくても高性能のものも多くあり、ほとんどの難聴のレベルやタイプに対応する型があります

・耳穴型

耳穴型は、耳穴の中に補聴器本体を入れて使用するタイプです。

耳かけ型よりさらに周囲の人に目立つことなく補聴器を利用できることが特徴です。

ただ、耳穴型の補聴器は補聴器本体のサイズが小さいため、その分だけスピーカーも小さくなります。そのため、スピーカーの出力に限界があり、重度の難聴の人には使えないというデメリットもあります。

このように、補聴器には主に3つのタイプがあります。こうしたそれぞれの補聴器に対する特徴を理解することで、あなたに合った補聴器を選択することができるようになります。

今回述べたように、補聴器の値段やタイプには、さまざまなものがあります。そして、耳鳴り治療に使う補聴器は、高価なものほど治療効果が高いというわけではありません。しかし、ある程度の性能を備えているものでなければ、あなたの難聴に合わせて微調整することができない場合もあります。

そうしたことも踏まえたうえで、あなたに合った補聴器を選択するようにしましょう。