片頭痛を予防・解消する食品:片頭痛とラブレクラウトの関係性

henzutu2

片頭痛は、「心臓の拍動に合わせて強い痛みが生じる」という特徴を持つ頭痛です。男性より女性に悩まされる人が多く、片頭痛を持っている人の約80パーセントは女性だとされています。

そして片頭痛の原因は、脳内の血管が腫れることにあります。血管が拡張して神経を圧迫するため、その刺激が頭痛として認識されます。そのため、片頭痛を軽減させるためには、血管の過剰な広がりを抑えることが大切です。

このように血管を異常に広げる原因の1つに、「炎症」があります。そして炎症は、「活性酸素」が体内で大量に発生することによって引き起こされます。

つまり、体内における活性酸素の発生量を抑えることは、片頭痛を軽減させることにつながります。そして、このような活性酸素の悪影響を防ぐ役割があるものとして「ラブレクラウト」があります。

ラブレクラウトは、ドイツで作られた乳酸発酵食品に乳酸菌を組み合わせたものであり、体内での活性酸素による炎症反応を抑える働きを持っています。そのため、ラブレクラウトは片頭痛を予防・解消する効果を持つ食品だといえます。

そこで今回は、「片頭痛とラブレクラウトの関係性」について解説します。

活性酸素と片頭痛

片頭痛は、血管が異常に拡張したときに顔の感覚を支配している神経を圧迫することで生じます。そのため、血管が過剰に広がらないようにすることで、片頭痛を軽減させることができます。

脳内の血管が異常に拡張する原因の1つに「活性酸素」があります。活性酸素とは、体に「酸化反応」と呼ばれる「細胞を老化させる反応」を起こさせる物質です。

そして、体内で活性酸素が大量に発生して酸化反応が過剰に起こると、脳内の血管に炎症が起こります。血管で炎症が生じると、炎症の過程で血管が拡張します。その結果、片頭痛に関係する神経が圧迫されます。

つまり、体内で活性酸素が多く作られると片頭痛が強くなります。

このように、活性酸素と片頭痛は、深い関係にあることを知っておいてください。

ラブレクラウトと片頭痛

片頭痛を引き起こす原因の1つとして、活性酸素があります。活性酸素が体内に多く存在すると、脳内の血管に炎症が起こりやすくなるため、片頭痛が発生しやすくなります。

つまり、活性酸素が発生しやすく、体内で炎症が起こりやすい状態の人は、片頭痛を発症しやすい体質だといえます。そのため、活性酸素の発生を抑えるような生活習慣を心がけることで、片頭痛を予防したり解消したりすることができます。

活性酸素の発生を抑制する方法の1つとして、食事があります。食事で活性酸素を抑える栄養素を摂取することで、体内における活性酸素の量を減らすことができます。

そして活性酸素を抑える食品としてお勧めのものが「ラブレクラウト」です。

ラブレクラウトとは、ドイツで生まれた「ザワークラウト」と呼ばれる乳酸発酵食品の一種であるキャベツの漬け物に、乳酸菌である「ラブレ菌」を組み合わせて作った漬け物です。このラブレクラウトには、活性酸素によって起こる炎症を起こりにくくする作用があります。

具体的にいうと、ザワークラウトは、「抗酸化ビタミン」と呼ばれる酸化反応を抑える作用があるビタミンCをたくさん含んでいます。

そしてラブレ菌は、非常に強い乳酸菌であり、腸内環境を整える効果があります。またそのことに加えて、体の免疫機能を高める作用もあります。

このように、ザワークラウトとラブレ菌を合わせて作られるラブレクラウトは、直接的な酸化を抑える効果があるだけでなく、腸内環境を整えることでも、体内での活性酸素を抑えます。つまり、2重の意味で片頭痛を予防、軽減させる作用があるといえます。

今回述べたように、片頭痛は、脳内の血管が過剰に拡張して、顔の感覚を支配する神経を刺激することで起こります。

そして、脳内の血管を過剰に広げる要因の1つとして、「体内で活性酸素が大量に発生する」ということが挙げられます。体内で活性酸素が増えると、炎症反応が起こりやすくなるため、結果的に血管が拡張しやすくなります。

そのため、活性酸素による悪影響を抑制する働きのあるラブレクラウトは、片頭痛の予防・軽減に有効になります。

こうした「活性酸素を抑える作用を持つ食品」を日ごろから積極的に摂取することで、片頭痛を予防するようにしましょう。