頭痛の種類とその原因:片頭痛、緊張性頭痛など

頭痛は多くの人が悩まされる症状の一つです。若い女性から高齢者まで幅広い年齢層の人に頭痛の訴えが見られます。しかし、その訴え方はさまざまであり、症状の部位、悪化させる要因などそれぞれに違いが見られます。

日本人は3人に1人が頭痛をもっており、3000万人以上が頭痛に悩まされているといわれています。また、多くの人が訴える症状なので軽く見られがちですが、頭痛にはその背景に命に関わる病気が隠れていることもあります。

今回は、頭痛の種類とその原因について解説します。

頭痛の分類

頭痛は国際頭痛分類によって、大きく「一次性」「二次性」「頭部神経痛、中枢性、一次性顔面痛、およびその他の頭痛」の3つに分類されます。

一次性頭痛には、一般的に知られる片頭痛や緊張性頭痛などが含まれ、二次性頭痛には外傷や感染、脳卒中など原因がはっきりしているものが含まれます。

つまり、二次性頭痛は手術などの外科的処置が必要なものが多く、命にかかわる病気がその背後に隠れている可能性があります。一方、一次性の頭痛は命にかかわるほどの問題ではなく、理学療法や薬物療法などで症状の緩和が期待できるものです。

頭痛を訴える多くの人は一次性頭痛であるため、今回は一次性頭痛について詳しく述べます。

一次性頭痛による片頭痛

一次性頭痛は片頭痛、緊張性頭痛の2つに分類されます。これらはそれぞれ違ったメカニズムによって痛みが出現します。

片頭痛はよく知られる頭痛の一つで、強い痛みがでることで有名です。脈拍に伴って痛みが出現する「拍動痛」が特徴的であり、何らかの原因で血管が拡張することによって起こります。

基本的に、脳自体は痛みを感じることはありません。頭痛の多くは血管の伸張によって生じます。片頭痛はその血管の伸張が原因で生じる痛みの代表例です。

血管が拡張する主な原因は、自律神経系の影響が大きいとされています。ストレスや緊張などは血管を収縮させますが、逆にリラックスをすると血管は広がります。

例えば、仕事などでストレスが続き、週末の休みで急にリラックスすると、このギャップによって大きく血管が拡張します。そのため、週末などのリラックスしているときに痛みを生じやすいのも片頭痛の特徴です。

また、その他にも気圧の変化やホルモンの変動、疲れなども片頭痛を悪化させる要因になります。

以上のことから、片頭痛の改善にはストレスコントロールや生活習慣の見直しが必要になります。

緊張性頭痛の特徴

次に緊張性の頭痛です。これは、筋肉の緊張によって生じる頭痛で、首や頭部の筋肉痛だと理解すればよいかと思います。筋肉痛は使い過ぎによって血流が悪くなり、疲労物質がたまることで生じます。

首の筋肉の多くは頭がい骨についています。そのため、首の筋肉が硬くなると、首だけでなく頭まで痛くなるということです。

そして、首の筋肉が硬くなる原因のほとんどは姿勢の悪さにあります。例えば、デスクワークなどで、腰が丸まった姿勢で作業を行うとします。このとき、自然と頭は前に突き出た姿勢になります。この頭が前に出た姿勢が、首の筋肉を硬くするような姿勢になります。

以上のことから、緊張性頭痛の改善には姿勢の矯正が必要になります。しかし、姿勢を常に意識する必要はありません。筋肉はある一定の姿勢を保持することで硬くなるため、数十分に数回背中を伸ばすなどを行えば十分です。

このように頭痛には、外傷や脳腫瘍などのように原因が明確なものと、片頭痛のように自律神経の影響といった原因が明確でははいものがあります。

大切なことは、頭痛の背景に脳腫瘍などの重篤な疾患が隠れていないかを見極めることです。その鑑別をした上で、一次性の頭痛だと診断されたら、理学療法や薬物療法などで治療を行うようにしてください。