姿勢と呼吸を意識して頭痛を予防・解消する方法

kokyu

頭痛には、片頭痛や緊張型頭痛、薬剤使用過多による頭痛など、いくつかの原因が挙げられます。その中でも、緊張型頭痛に悩む人は多く存在します。

緊張型頭痛の場合は、首や頭、肩周りの筋肉が固くなることで頭痛が起こります。そうしたことから、同じ姿勢を取り続けることが多い事務職の人などに発症しやすい頭痛です。

また緊張型頭痛には、ストレスや生活習慣が大きく影響しています。そのため、ストレスを感じやすい介護職や、生活リズムが不規則になりがちな看護師などにも、緊張型頭痛で悩んでいる人は多いです。

ただ、緊張型頭痛は、あなた自身が適切なケアを行えば解消することができます。特に、中でも姿勢と呼吸を意識することは、緊張型頭痛を予防・改善するために非常に効果的な方法だといえます。

そこで今回は、「姿勢と呼吸を意識して頭痛を予防・解消する方法」について解説します。

姿勢と緊張型頭痛

緊張型頭痛は、頭や首、肩周りの筋肉が緊張することで発症します。そして、それらの部位における筋肉の硬さには、姿勢が大きく影響しています。

人の体において、頭部は体重の約10パーセントもの重さがあります。体を起こしているときにはそれほど重いものが、背骨の頂上に位置してバランスをとっています。

そして、頭が背骨の真上に乗っているときには、バランスを崩すことなく姿勢を保つことができます。

その一方で、あごを前に突き出したような状態になると、頭部が背骨に対して前方に位置することになりますパソコンなどのデスクワークをしているときには、多くの人が自然とこうした姿勢になってしまいます。

すると、首や肩の後側にある筋肉が、頭が前方に移動しないように働きます。その結果、首や肩、頭周りの筋肉が過剰に緊張して、頭痛を引き起こすことになります。

このように、あごを前に突き出したような姿勢を長時間とっていると、首周りの筋肉が過剰に働くため、緊張型頭痛を発症することになります。

そうしたことを避けるためにも、特にデスクワークなどで長時間座って作業をする人は、姿勢に注意しなければいけません。具体的には、あごを引いて、頭を背骨の直上に位置させるように意識してください。

そうすることで、背骨の上で頭が安定するため、首や肩周りの筋肉が過剰に緊張することなく頭の位置を保持することができます。

また、姿勢を意識するだけでなく、たまに体を動かすことも大切です。パソコンなどで仕事をしていると、どうしても長時間同じ姿勢を取りがちです。筋肉は、動かさずにいると、「血行が悪くなり緊張する」という特徴があります。

そのため、ときどき首を回したり、立って歩き回ったりすることで、そうした問題を解消することができます。

以上のように、緊張型頭痛を予防・解消するためには、普段から姿勢を意識することが大切です。また、こまめに体を動かすことで、より効果的に筋肉の緊張を防ぐことができるようになります。

呼吸と緊張型頭痛

緊張型頭痛を予防・解消するためには、姿勢を意識することが大切です。姿勢の崩れは、緊張型頭痛の原因となる、頭や首、肩周りの筋肉を緊張させることになります。

また姿勢だけではなく、乱れた呼吸も首周りの筋肉を硬くする原因の1つとして挙げられます

通常であれば、主に「横隔膜」と呼ばれる、肋骨と腹部に位置する内臓の間(みぞおち部)にある筋肉によって呼吸が行われます。ただ、ストレスが強くなったり、過剰な運動をしたりした場合には、横隔膜ではなく、首周りの筋肉が過剰に収縮することになります。

例えば、100メートル走を全力で行ったときのことを想像してみてください。そのようなハードな運動を行った後は、いわゆる「肩で息をする」という状態になります。具体的には、息を吸うときは肩が上方向に動き、吐くときには肩が下方向に下がります。

こうした動きは、横隔膜ではなく首周りの筋肉を使って呼吸をしているために起こるものです。

また、ストレスが強く加わったときにも、同じように首周りの筋肉を使って呼吸を行う状態になります。イライラしたり、不安が強かったりするときには呼吸が浅くなり、肩で息をするようになります。

そして、このように首周りの筋肉を使って呼吸をしてしまうと、結果的に緊張型頭痛を発症することになります。

そうしたことを避けるためにも、普段からゆっくり呼吸をするように意識することが大切です。特に、吐く息を長く行うことは、体をリラックスさせることにつながるため、ストレス解消にもなります。

以上のように、緊張型頭痛を予防・解消するためには、普段から呼吸に意識を向けるようにすることが重要です。そのため、まずは自分自身の呼吸が乱れていることに気づくことが大切です。

今回述べたように、緊張型頭痛には、姿勢と呼吸が大きく関係しています。そして、これらの問題はあなた自身が注意することで解消できることです。そのため、緊張型頭痛の人は、まずは姿勢と呼吸を正すようにしてください。

そうすることで、薬などに頼ることなく、頭痛を解消できるはずです。