片頭痛を発症しやすいタイプと片頭痛の悪化因子

zutu2

片頭痛は、こめかみ部に強い痛みが出ることで有名な頭痛です。また、脈拍に合わせて痛みが生じる「拍動痛」や吐き気、嘔吐(おうと)などを伴うことが多くあります。

ただ、片頭痛のほとんどは、病院に行っても原因がはっきりすることはありません。病院では基本的に、原因を見つけて治療するのではなく、頭痛を一時的に抑えるような薬が処方されます。そのため、薬が効いている間は症状が軽減しますが、またすぐに元に戻ってしまいます。

確かに、片頭痛の原因は、血液検査やレントゲンなどの画像所見で見つけることはできません。ただ、片頭痛になりやすい性格や、痛みを悪化させる因子は明らかになっています。

そうした、片頭痛になりやすいタイプや悪化因子を理解しておくことで、片頭痛を予防したり、痛みに対処したりすることができます。

そこで今回は、「片頭痛を発症しやすいタイプと悪化因子」について解説します。

●片頭痛を発症しやすいタイプ

片頭痛は、ほとんどの場合、ストレスが原因で発症するといわれています。そのため、簡単にいうと「ストレスを感じやすい人」は片頭痛を患いやすい人だといえます。

例えば、ちょっとした環境の変化や体調の変化に敏感な人は、ストレスを受けやすい人だといえます。つまり、一般的に「頭の回転が速い人」は片頭痛を発症しやすいタイプになります。

このようなタイプの人は、頭の働きが活発であるがゆえに、わずかなことでもストレスを感じてしまいます。その結果、ストレスが刺激となって片頭痛を発症することになります。

また片頭痛には、女性ホルモンが大きく関係していることがわかっています。そのため、片頭痛は女性に多く発症します。

そして女性の中でも、特に1つの物事に集中しやすい人は、片頭痛を発症しやすいタイプといえます。そうした人たちは、いわゆる「才女」と呼ばれ、何かに特化しています。

さらに、片頭痛を持っている人には、美食や過食といった食通の人がたくさんいます。これは、脳がストレスを受けやすいことが関係していると考えられます。脳はストレスを感じると、そのストレスを解消しようと食べる行動を引き起こそうとします。

人の体には、食べて胃腸の活動が活発になると、リラックするようなメカニズムが備わっています。そのため、ストレスを感じると、脳は食べ物を食べるように指令を出して、ストレスを緩和しようとします。

片頭痛の人には、こうしたストレス緩和のメカニズムが働いているため、過食傾向になりがちです。

このように片頭痛は、「ストレスを感じやすい」「女性」「食通」といった特徴を持っている人に発症しやすい病気だといえます。

●片頭痛の悪化因子

片頭痛と一言でいっても、人によって症状の程度は異なります。また、同じ人でも日によって痛みの強さは違います。

このように片頭痛の症状が変化するのは、片頭痛を悪化させたり軽減させたりする因子があるためです。そうした要因を知っておくことで、片頭痛の悪化を予防したり、症状を軽減させたりすることができます。

片頭痛の悪化因子は、大きく分けて「体調の変化」と「環境の変化」の2つに分類されます。

・体調の変化

片頭痛の多くは、ストレスが原因となって起こります。そして、睡眠不足やホルモン分泌の変化といったものは、体が受けるストレスを強くします。

その他にも、疲労や食事の不摂生、仕事でのストレス、風邪などは、片頭痛を悪化させる要因になります。そのため、片頭痛の悪化を予防するためには、基本的には規則正しい生活を心がけ、体調管理を行うことが大切になります

・環境の変化

片頭痛の人は、音やにおい、光などに対して過敏な状態になっています。

例えば、普段はあまり不快と思わないようなニオイであっても、片頭痛が起こっているときはとても嫌なニオイに感じます。そして、そうした外部からの刺激は、頭痛を悪化させることになります。

その他にも、気圧の変化や気温の変化、アルコール、カフェインの摂取などは片頭痛を悪化させる因子になります

このように、片頭痛を悪化させる要因には、さまざまなものがあります。こうした因子を避けることで、片頭痛を予防したり、軽減させたりすることができるようになります。

また片頭痛では、頭痛が発症する前に、肩こりや生あくび、目の前がチカチカする「閃輝暗点(せんきあんてん)」といったような前兆が出現します。こうした徴候が見られた場合には、数時間後に片頭痛が出る可能性が高いです。そのため、薬を飲むなどの対処を行うことで、片頭痛を事前に防ぐことができます。

今回述べたように、片頭痛には、発症しやすいタイプと、症状を悪化させやすい因子があります。片頭痛を持っている人は、こうした片頭痛の特徴を理解しておくことが大切です。

そうすることで、片頭痛の発生や症状の悪化を予防することができます。